So-net無料ブログ作成

4月から急に増えた怪しげなセラーについて [せどりコラム]

amazon.jpg

尼で人気の新品商品に桁ひとつ少ない価格で出品するセラーが続出しています。
もちろん通常なら喜んで購入してしまえば良いのです…が、
4月中旬頃から増えだしたこれらのセラーは非常にきな臭い様子です。

かくいう私も少々被害にあってしまいました。

●悪質セラーの手口

・異常に安いが届かない

それまでの新品最安値を大きく崩した価格で出品してきます…が、
商品は届かず後述の処理になってしまいます。

購入者目線では気にすることはありませんが、
価格改定ツールを使っているセラーさんは
設定を見直された方が良いかも知れません。

・返金はする

すぐ返金はしてくれますが注文も即キャンセルされます。
せっかくお安く手に入ると思ったのに残念な結果です。
価格設定を間違えたのでしょうか?

・返金すらしない

注文して決済も済ませたが期日までに届かない場合は
返金処理が可能となりますが、
自主的に返金してくれるセラーはまだしも
そのまま放置するケースがあります。

そのまま放置すると、期日切れにより返金不可になってしまいます。

●彼らの目的は?

・個人情報の取得

すぐ返金する業者の目的はここと思われます。
コンビニ受取にでもしない限りは購入者の住所や名前が透けるので、
それらをリスト化することで情報を活用・売買につなげる輩もいるでしょう。

・返金詐欺

返金するという旨のメールだけ送り、
実際は返金処理されていないケースもあります。
アマゾンからのメールと書いてあっても
購入履歴から返金されたかの確認は必ず行ってください。

●購入者側からの対策

・評価欄を見る

新規出品者であればまず疑ってかかるべきですが、
それなりにセラーをやったげんよりも
評価合計が高いセラーから購入した際も同じ目にあったのは意外でした。

購入後に評価欄詳細を確認すると「なるほど・・」と感じました。
最後の高評価は2年前のものでした。

おそらく事業をお休みされていてアカウントも放置していたら
よからぬ輩にアカウントを乗っ取られてしまったのでしょう。

・返金・返品を連発してもアカウントは大丈夫か?

尼の垢はアマゾンの裁量で突然に凍結・閉鎖されることがあります。
この原因のひとつに頻繁な返金・返品・補償申請があります。

いわゆるクレーマーや悪質購入者を淘汰する為に作られたルールと思いますが、
この件でうっかり沢山注文してしまうと返品・返金・補償申請連発は
避けられないといってもいいでしょう。

この点をアマゾンに確認をとってみたのですが、
今回の件では多くの購入者が被害を被っており
被害を受けた購入アカウントで返品・返金・補償申請により
購入者アカウントを閉鎖・凍結するということはないそうです。

「返品・返金などの数でふるいにはかけるが、
悪質かどうかのふるいは目視(人海戦術)でやるので大丈夫」とのことでした。

・安すぎる出品者はまず評価を見る
・新規なら要注意
・評価があっても、最後の評価が古いものも要注意

ということですね。あなたの注意喚起の一助になれば幸いです。

ここまでお読みいただきありがとうございました。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

トラックバック 0