So-net無料ブログ作成

電脳せどりの基礎「情報仕入れ&精査」 [仕入れ]

新たに商材を仕入れる際、はじめて見る商品なら
情報が必須です。

せどりは100勝1敗でちゃんとやれば負けないビジネスであるということは
以前お話したとおりです(過去記事:せどりが初心者向けとされる理由とは)。

「ちゃんとやる」には商材を仕入れる前に
情報を仕入れてそれを精査することが必須です。

仕入れができない、できても損切りばかりという人は
以下の順番でやってみてください。

①仕入れるべき情報を知る

以前(過去記事:仕入れの3要素)お話したとおり、

・相場
・コンディション
・回転率

の3つで仕入れるかどうかを総合判定します。

仕入れ対象を見つけたときに判断できる
コンディションだけをとりあえず把握しておきましょう。

②相場と回転率を調べる

ネット上にあるサービスとしておススメを紹介します。
無料で使える上高性能です。

モノレート
旧amashow。 アマゾンに出品されている商品の
新品・中古最低価格の1年分の推移(相場)と
ランキング推移(回転率)を見ることができる。

アマゾンの商品ページだけで売れるかどうか判定している人がたまにいるが
モノレートグラフ右端の点1個分の情報
だけで判定していることになるのでおススメしない。 

プライスチェック
モノレートと同じくアマゾン出品の商品を解析してくれるサービス。
どちらか使うかはお好みで。

takewari
海外尼の相場と併せて円換算で表示してくれる。
そこに十分な価格差があれば輸出・輸入で稼ぐ際の重要な情報源となる。
輸入・輸出をやるなら覚えておいて損はない。

ただし、関税や送料については非対応なので
現状は直接購入画面まで行って確認するしかない。

(グローバル)オークファン
ヤフオクで過去落札された商品の相場とコンディションを調べる際に使う。
過去落札での出品時間と落札時間を見れば
おおよそ何日で売れるかは見当がつく(=回転率がわかる)。
今現在の出品価格も同時に表示されるため便利。

グローバルオークファンを使えば
ヤフオク以外のオークションサイトや
ショッピングモールの相場も知ることができる
(ただし反映が遅く、在庫の少ない商品では不利)。

最近はヤフオク自ら過去の落札相場を調べる機能を導入したため
GENは若干出番が減っている。

有料会員になれば過去の相場をさらに遡ることが可能。
オークションメインで稼ぐなら力になるだろう。

musimegane.jpg

③仕入れるかを判定する

その商品、コンディションであれば
いくらで何日で売れるか判ったわけですから
後は利益が取れる額で仕入れられるかのみとなります。


いかがでしたか?
①~③を泥臭く反復することが王道だと個人的には思っています。

仕入れ基準うんぬんの前に

・情報の仕入れ方を間違えていないか
・情報量は不十分ではないか

仕入れが上手くいかない、損切りが多い方は
見直してみることをおススメします。

ここまでお読みいただき、本当にありがとうございました。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0