So-net無料ブログ作成

FBA導入により必ず起こるジレンマとは [出品・梱包・発送]

何かと便利なFBA---

ある程度の在庫数になってくれば迷わず導入すべきサービスです。
コストパフォーマンスは現在のネット物販の中でもトップクラスです。

FBAを使うにあたって
ネックになる2つの事項について
一度しっかり考えて見ましょう。

①送料削減

FBA納品するのにかかる送料を如何に減らすかは永遠の課題です。

一般的な手法で安いのは

・箱BOON
・ゆうパック
・ヤマト便


あたりでしょうか。
持込割引・同一割引を使うのは言うまでもありません。

これに加えて、物理的に送料を安くするには

・箱の数を減らす
・大きな箱に詰める


などの工夫が必要になります。

しかし、この手法を使うと
FBA唯一にして最大の弱点
強調することになります。

amazon.jpg

②出品ラグ削減

最大のデメリットとも言えるのが
仕入れてから納品されるまでのラグです。

倉庫に納品されないと出品状態にはなりません。
出品されないままでは商品は勿論売れません。

このラグを如何に減らすかが
月間年間の収益に影響してきます。

仕入れた在庫は即納品!
がもちろん理想ですが、
これは発送数の増加を意味します。
よって送料が増加してしまうのです。


・送料削減したい
・早く納品したい


FBA納品では常に2つの願望が交錯します。
このジレンマを解消するもっとも確実な方法は後日お話しますね。


なお、初心者の場合当面は
回転率重視で行って欲しいと思います。

資金回収が送れては元も子もないので、
送料がそこまで気にならないレベルの利益額に
到達させることを優先した方が、
結果的に資金は増えるかと思います。


いかがでしたか?
経験を積んで状況に合った納品スタイルを確立してくださいね。

ここまでお読みいただき、本当に有難うございました。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:仕事

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 1