So-net無料ブログ作成
検索選択

ブックオフとヤフオクの提携について考える [せどりコラム]

巨大中古書店と巨大オークションサイトとの提携。
物販業界を賑やかせたこの話題。

アマゾンメインの電脳せどらー
というGENの立場から
自分なりの見解をなるだけ客観的に書いてみようと思います。

スポンサーリンク

①アマゾンよりヤフオクで購入されるようになる?

今までブックオフ実店舗に並んでいた商品が
ヤフオクで出品されることになります。

今までアマゾンのヘビーユーザーだった人が
ヤフオクに流れる!?


ということは考えにくいです。
まずヤフオクは
通販サイトではなく、競売サイトです。
落札されるまでは商品が手元に届きません。

加えて即落のみで出品したとしても、
入金から発送まで必ず客側に一定の手間が生じます。

見つけた商品は必ず届く
支払方法が豊富で反映が迅速
即日発送


ここらへんのアマゾンの強みをヤフオクが持ち始めるまでは
アマゾンが有利かな~というのがGENの意見です。

amazon.jpg

②予想される価格変動

ネット上に大量の本が流れるということは、
それだけ市場へ供給が増えることになります。

ヤフオクのような集客力のあるところに大量出品されるとなれば
今まで高値安定だった商品の価格が
下がってくる
のは確かです。

この影響を避ける方法としては
ブックオフが扱わない商品にシフトすることです。

具体的には
新品、家電、カメラ、海外ものなどです。

スポンサーリンク


③ブックオフとせどりのイメージ変化

本を売るならブックオフ♪は、有名なCMですよね。

今まで買取に定評のあったブックオフが、ヤフオクに進出することで

あ!この前50円で買い取られた本が
1000円で出品されとる!!


でもって

ブックオフで売るくらいなら、
自力で売ってみるか・・・。


という感じで、
せどりや転売への参入者が
増える
かもしれませんね。


④せどらーは壊滅するのか

ネットを回るとやたらこの意見が多いんですが・・・

そんなわけがないです


仕入先はいくらでもあるし、現在国内通販2強である
アマゾンとヤフオクの集客力やサービスの変化によって
出品先を変えられれば当面は大丈夫です。

強いて言うなら、

実店舗ブックオフに依存している

中古本・DVD・ゲームといった
ブックオフでの扱いが多いジャンル
ばかり扱っている


このような方は一定の影響は受けるでしょう。

市場で自由にモノが行き来する限り、
必ず価格差が生まれます。

転売の根っこを忘れずに
これからもバリバリ稼いで行きましょう。


ここまでお読みいただき、本当にありがとうございました。

スポンサーリンク


この記事を読まれた方へお勧めの記事
利益を決める3要素
このツール(商材)買えば稼げる! ってホンマですか?
ボトムラインを作らない
ノウハウの正しい使い方と、成功率を上げる方法
サラリーマンバッシングに対する疑問
「●●円稼いだ」という表現を考える

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: