So-net無料ブログ作成

ビームせどりはやるべきか [仕入れ]

ビームせどりとは---
小型のバーコードリーダーで商品をスキャンして、
専用ツール・アプリで仕入れ基準を満たすかどうか
自動判定して仕入れる手法です。

バーコードリーダーとスマフォと連携させ、
スマフォに専用のアプリ・ツールを導入するパターンが多いようです。

GENの見解を資金力と経験の面から
どういう人にオススメか
あげてみようと思います。

ちなみにGENはまだまだ電脳せどりを極めたいので、
ビームは導入していません。
あくまで未経験者の意見としてお聞きください。

●時間に余裕がない

ビームせどり最大の利点は、実店舗せどりにおいて
短期間に大量のリサーチができる 点です。

せどり以外のことで時間がひっ迫しているのであれば
導入する価値は十分にあるでしょう。

●資金に余裕がある


ビーム導入には一定の資金力が必要です。

バーコードリーダー本体が2万円ほどかかる上、
専用のツールも有料(無料もあります)が多いため
それが苦にならない資金力があれば問題ありません。


kdc200.jpg

ビームを導入したは良いが、そのおかげで
仕入れ資金がショートしてしまうなど
なけなしの金で導入してはなりません。

●ビーム以外で安定して仕入れられる


ビームだけに頼っていると
ツールの不具合やビーム禁止店舗など、
ビームが急に使えなくなった際身動きが取れません。

ビームは有効な仕入れ手法ですが
ビーム一本足打法は危険だということです。

ビームでしっかりリサーチはしつつも、
短期で売れた高利益商品は頭に入れておくことを
オススメします。

ビームをメインでやられる方は、
機械的なビームだけでは身につきにくい部分を
補填する
ことが大事になってくるでしょう。


いかがでしたか?
現在のあなたの境遇に合ったタイミングで
導入を検討してくださいね。

ここまでお読みいただき、本当にありがとうございました。


今回のまとめ
・時間や軍資金との兼ね合いで導入を決める
・ビームが使えなくなった場合を想定しておく



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0