So-net無料ブログ作成
検索選択

自己配送とFBAを比較してみる [出品・梱包・発送]

amazonにはFBAとよばれるサービスがあります。

amazon倉庫に一度送ってしまえば、
注文が入ればamazonが自動発送し、
返金・返品処理まで任せられる
という
強力な自動化サービスです。

商品の重さ・大きさに応じて手数料が取られますが(めっちゃざっくりで300円)
補って余りある効率化が図れます。

大半のせどらーさんはFBAを推奨しています。GENもその中の一人です。

しかし、自己配送にも良い点はあるのです。順に見ていきましょう。






スポンサーリンク

●自己配送のメリット

①1円商品も仕入れ対象にできる
amazonの出品者一覧にて
1+250円、1+340円といった配送料表記を
一度は見たことがあるかと思います。

配送料をとることで、商品価格は1円でも
251円、341円といった売上をあげることができます。

また、メール便・ゆうメールといった格安の配送サービスを
用いることで、利益を拡大できます。

問答無用で300円近くの送料が取られるFBAには不可能なモデルです。


②後納契約が容易
各運送会社は大量の発送をしてくれる客を大口顧客として扱ってくれます。

一定の発送数を条件に月末にお金を引き落とす方式で
送料を格安にしてもらえます。これが後納契約です。

自己配送で稼がれる方は必ずこれを狙うべきです。
メール便が2・30円となれば、配送料による利益も大きくなり
月収10万円も現実的になってきます。
(関連記事:運送業者と契約を結ぶ際の注意点

amazon.jpg

③オリジナルのサービスが提供できる
オリジナルの感謝状を同梱し、評価アップを図ったり
おまけを同梱し高評価を得るなど自己配送ならではの自由度があります。

④返品が少ない
FBAよりも返品行程が複雑な分、おのずと返品率が下がります。
地味に結構なメリットです。

⑤地域によってはFBAより迅速
例えば、関西住みのGENなら、
大阪の方に注文されれば、
その日の昼過ぎまでに発送すれば
翌日到着です。

通常便なのにお急ぎ便並みのスピードで
お客さんまで届くのは強みです。

⑥空売りが可能・・・?
注文が入ってから仕入れる方法です。
在庫リスクを抱えないという点で有効ですが
amazonでは禁止されています

⑦出品が迅速で、回転が良くなる
FBAの場合は、
「倉庫に送るまで」と「受領されるまで」
に約2日間のラグがあります。

商品によっては
FBAに送った段階で回転率を下げている
と言っても良いでしょう。

自己配送であれば、仕入れたその日から
出品ページに陳列させることができるため
2日以内に売れれば、大概は
FBAよりも高い回転率になります。

⑧保管にお金がかからない
在庫を自宅に保管することについては
家賃以上の経費は発生しません。

家の余ったスペースはふんだんに
自己配送在庫に使うべきでしょう。

回転率の悪い商品ばかりFBAにすると
月末締め切りでFBA保管手数料の名目で
結構な額を引かれます。

保管手数料は商品の大きさで決まるので
大きく、売れにくい商品については自己配送にしておき
余計な手数料をかけないことをお勧めします。

スポンサーリンク


●FBAのメリット

①自動化による作業時間短縮
一度倉庫に送れば後は自動なのが最大の特徴です。
余った時間を仕入れに当てることでさらなる収益アップが図れます。

②回転率が上がる?
アマゾンからの配送というだけで購入されやすくなります
FBA発送であればカート獲得率が上がり、そちらも回転率アップに貢献してくれます。
支払方法として代引を選んでも、代引処理はすべてアマゾンがやってくれるため
無償で支払方法がひとつ増えることになります。これも地味に回転率を上げます。

ただし、前述の2日間売れない期間が発生するため
2日以内に売れる高回転商品については検討が必要です。


③強気の価格設定が可能
自己発送の方が1000+340円が出品されていても
1800円 FBA が先に売れるようなことが頻繁におこります。
それだけFBAには強い信頼があるのでしょう。

加えてアマゾン有料会員はお急ぎ便をはじめ、
FBA独自のサービスを無料で受けることができます。
これは、アマゾンユーザーの中での富裕層を引き付ける効果もあります。


④高い評価が得やすくなる
プロの発送はお客さんからの信頼を得やすくなります。
評価メールを送らなくても一定の割合で評価されるようになります。
また、悪い評価をもらっても発送の際に起こりうる失態であれば
アマゾンの責任となり評価が取り消されます

⑤大型商品は自己配送とほぼ同額
後納契約を結ばれていない自己配送に比べると
メール便に収まらない大型商品のFBAは
ほとんど自己配送と送料が変わりません

短期で売れるのなら積極的にFBAにするべきです。


いかがでしたか? それぞれの特性を行かして
上手に利益を確保してくださいね。

ここまで読んでくださって、本当にありがとうございました。

スポンサーリンク


この記事を読まれた方にお勧めの記事
自己配送とFBAを比較してみる
自己配送を効率化しましょう
FBA導入により必ず起こるジレンマとは
用途別オススメ配送サービス
評価「100%高い」をキープしつつ増やす9つの方法
初心者のカート獲得について語ってみる

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: