So-net無料ブログ作成
検索選択

商品・スタイル別に出品先を変えましょう [出品・梱包・発送]

せどりの出品先二大巨頭といえば
amazonヤフオクです。

それぞれどんな商品が向いているかをまとめてみました。

スポンサーリンク

●amazon向け商品

①本
本に関しては元々出品数がヤフオクと桁違いです。
検索も容易なため、コレクターの多くはamazonから購入します
本だけを売るならamazonだけでも十分だと思います。

②文章で解説できるコンディションの商品
商品の状態や、おまけ・特典の有無などが
限られた文字数で説明できるものは出品先として適しています。
典型は新品未開封です。
一言で済みます笑。

③大量に出品する場合
出品スピードが早く、入金までの行程の自動化も容易なamazonは
量をこなすのに最適な出品先と言えます。
手数料の大きさに負けない量をこなせるかがネックです。

yafuoku.jpg

●ヤフオク向け商品

写真による説明が必要な商品
文章よりも写真の方がお客様からの信頼は得やすくなります。
細かい同梱品はもちろん傷やスレをアップで写しているかなど
正直に撮影しているかは評価以上に重要です。

カメラ時計などの小型高額商品
落札価格に応じて引かれる手数料の低さがヤフオクの魅力です。
高額商品ほど、相対的に利益が大きくなる為
発送が安く済み、高額な商品ほどヤフオクに適していると言えます。

③出品数が少ない場合
ヤフオクはamazonに比べて何かと手間がかかります。
写真を撮ったり、入金先・発送方法を指定したり。
落札された後は落札者と連絡を要します。

これらの行程が億劫にならない出品数にする、
言い換えると1発の利益の大きい商品を扱うことが肝です。

④まとめ売りをする場合
ゲーム・本といったメディアを
自身の裁量で一気に売ることができるのは
ヤフオクの強みです。

単品では売れそうもない在庫も
シリーズモノの一部として同梱させれば
売れやすくなります。

⑤おまけ・非売品・贈与品
DVDやゲーム限定版、特別なフィギュアなどは
おまけが同梱される場合があります。

こういったものはヤフオクに投げた方が
すぐに売れて利益も取りやすいです。



いかがでしたか?
GENは手間を減らすためamazonがほとんどですが、
スタイルに応じて使い分けてみてくださいね。

ここまで読んでくださって、本当にありがとうございました。

スポンサーリンク


この記事を読まれた方にお勧めの記事
商品説明文の基本
自己配送を効率化しましょう
ヤフオク出品で入札率を上げる6つの方法

スポンサーリンク


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。